2012年11月16日

「追悼・高林陽一 個人映画の回廊にゲスト

○ 11/9(金)フィルムヲ見ル会「追悼・高林陽一 個人映画の回廊」を開催します


2012年7月、日本最初の個人映画作家・高林陽一がこの世を去りました。
高林映画の醍醐味は、50年代後半に撮りはじめ、日本の個人映画の力量をはじめて世界に認めさせた、前衛的で実験的な8ミリフィルムと16ミリフィルム作品に詰まっています。
なかなか見られないレアな作品を集めましたので、ご一緒に鑑賞しませんか?
vlcsnap-2012-09-26-02h27m57s234.png

<8ミリフィルム作品> ビデオ上映 約90分javascript:;
『悲歌』(1959年/10分)
『石ッころ』(1960年/30分)
『さすらい』(1960年/22分)
『石が呼ぶ』(1961年/12分)
『ほくろのある風景』(1963年/8分)

<16ミリフィルム作品> フィルム上映
『むさしのいのち』(1965年/モノクロ/11分/ニュープリント)

※アフタートーク&シークレット上映!
高林陽一さんの盟友である飯村隆彦さん(映画作家)のトークあり。
 飯村さんが選んだ「ひなの影」の16ミリフィルム上映も!

11/9(金) 19:30 上映開始
料金一律¥1,800
詳細ページ・予約フォーム http://www.uplink.co.jp/event/2012/3322

予約とお問い合わせは、アップリンクまで! 
factory@uplink.co.jp tel. 03-6825-5503


****************************
posted by taka at 19:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/60094102
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック